週末に 農業と林業が学べる 里山学校

よしの農林業週末塾は、五感で学ぶ 社会人のための週末学校です。

 

吉野の里にある昔ながらの素朴な田舎で、癒され・学び・実践できます。
下市町は果樹の町・林業の町。
生まれたての澄んだ空気が空一面、森一面に広がっているところです。
主に有機野菜を勉強しながら、果樹林業も学び実践できます。
この地で、心と体のバランスの取れた農あるライフスタイルを目指しませんか。

 

特徴

  • 有機野菜・果樹・林業 の3つの講座が一緒に学べる
  • 仕事を続けながら無理なく通える、月二回の週末講座。
  • 農業も林業も全く初めてで、土も触れたことのない人でも学べる内容。
  • 農機具の貸出し。
  • ご希望があれば、吉野の田舎・観光地をご案内。(講座日程以外)

農業がなぜ必要なのか。

現代人は、豊富な物に恵まれ過ぎて、物質的変化のスピードに精神面がついて行けず、本来の心を失いつつあります。結果鬱病や精神的なストレスを招いています。

物に溢れた便利な土地から離れて、何もない土地で暮らすと、

人は「欲」が減少していきます。そしてその分「心にゆとり」が出来るもの。

あなたはスーパーやレストラン、デパートから遠く離れた地で生活した事はありますか?

都会ではお金さえあれば、多くの物が簡単に手に入ります。

それはとても便利な事ですが、便利さからくる物足りなさを感じている人も多いのではないでしょうか。

スーパーやコンビニで売っている物は添加物の塊です。

そんな時代に生きている私達から、添加物を取り上げるのは難しい事ではあります。

しかし、自分で作れる物は自分で作り、自然に作られた価値と喜びを感じながら味わう幸福感を、少なからず取り入れる事はできます。

text_2

どこで農業をしたいですか?

都会でも農業はできますが、

田舎の環境で農業をするということは、

都会では得ることのできない日本独特の素晴らしい文化があります。

本来の自然と向き合い、地域の人と繋がり、現代人が触れられない「貴重な先人の知恵」と知り合い、昔ながらの伝統を教わることができます。

五感をフルに活用できる、バランスのとれた人間らしい環境があります。

田舎には、山の恵みと、美味しい空気、綺麗な水があります。

都会から離れて自然の中に身を置き、自分で作った食べ物を食べる!

そんな喜びを、感じてみては如何でしょう。

一歩ずつ、自然の世界に足を踏み入れ環境を変えてみると、自ずと意識も変わっていきます。

田舎とは?

田舎の人の食卓に並ぶ食べ物は、毎日のように自宅周辺の自然の恵みが並んでいます。都会の人はお金で食べ物を買いますが、田舎の人は常に自然の恵みを頂いているという、お金では買えない豊かさが、田舎にはあります。

田舎で暮らすサラリーマンは、兼業農家であったり、農家でなくても畑が家の前にあるので、休みの日は農業をする、という事が日常です。朝収穫をしてから出勤する、という事は当たり前の事なのです。

そして、「人との繋がり、自然との共存」 という、

本来の人間の源が、田舎にはあります。

text_6

なぜ農業だけではなく、農林業を学ぶのか。

農業は食べるために必要です。

でも、なぜ普通に農業ができるのか、考えたことはありますか?

それは、山・森があるからです。

山があって、森があって、そこから美しい水が生まれる。

森の落ち葉が土に覆いかぶさり、それにより、土に微生物や菌が発生する事で良い土が生まれる。

そしてその微生物や菌は、元々は森と共に生きてきた私達人間に、欠かせないものと言われています。

森を美しく守ることで、人は皆、人間らしく正常にバランスを保って生きていけるということです。私達は、もっと森の中に入って、上質で天然の菌を浴びるべきだと思います。山は、自然の本質と豊かさを感じる事ができる、素晴らしい天然の環境なのです。

精神的な病、鬱病、ヒステリック、引きこもり、またアレルギーや多くの病は、森で解決することもあるかもしれません。(まだ解明はされていまんが)

そして農業だけではなく、林業を学ぶ事で、動物被害や環境問題が他人事ではないことがよく理解できると思います。

私達の生きる源「山・森」を学び、未来の子供達に、「美しい森」 を残していきましょう。